首页 找课程 找学校 教育新闻 培训问答 课程大全

宁波樱花日语

177-6730-2242 免费试听 在线客服

您的位置: 首页 > 宁波培训 > 宁波樱花日语 > 日语培训 > 宁波哪里日语培训班正规

宁波哪里日语培训班正规

班制:

其它

[ 开班提醒 ]
上课地址:

活动倒计时
11: 59: 59
马上抢

课程介绍

  • 日语培训班

    樱花日语培训班

    中国人学日语的全新解决方案

    3000元奖学金天天领

    快速咨询

日语考试(国内可参加的):

【CATTI翻译专业资格(水平)考试】
全国翻译专业资格(水平)考试(CATTI,简称翻译考试)是一项国家职业资格考试。证书分为口译与笔译两类,分别颁发,目前有北京、上海、大连、山东(济南、青岛)、天津、重庆、福建、广东、广州、浙江、江苏、吉林、黑龙江、湖北、武汉等城市进行日语翻译考试。
【J.TEST实用日本语鉴定考试】
J.TEST考试全称为实用日本语鉴定考试(以下简称J.TEST)。J.TEST考试分中高级(A-D级)及初级(E-F)两种考卷。中高级(A-D级)中分7个级别。初级(E-F)中分2个级别。每年考试时间为全年的单数月份。
合作办学


樱花国际日语成立于2007年,是由新世界教育集团从日本引进的独立教育机构。中心以先进的日语系统教育为基础,依托新世界教育集团多年来成功的日语本土化辅导经验,将国外的管理实践经验和基于先进技术的教学方法相结合,并传递给每位投资者。这种商务体系将提供给每位加盟者一个完整全面的综合模型,帮助他们在现有基础上建立学校,并获得成功。

樱花国际日语特许经营体系的核心是运营手册、教学模式、管理软件,这些将确保加盟中心各项工作的高质量运作,而这也是加盟商取得成功并参与到中国庞大的教育市场所需要的。在樱花国际日语中国总部的指导和支持下,从学校的创立、核心管理人员的聘用培训、日常经营管理、市场预算拟定、广告宣传、困难问题的解决等方面,加盟者都会获得详尽的计划和协助,为了确保各个学校都能获得成功,樱花国际日语中国总部将会为每个加盟者提供可靠的服务和清晰的运作步骤。


樱花国际日语

提供中国人学日语的全新解决方案

  • 樱花国际日语

    ,“樱花国际日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,配合高端的全外教教学以及融入日本文化的真实语言环境。并独创多维高效日语教学模式。 彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验。为中国人的日语学习带来了全新的解决方案。

    咨询了解

为什么选择樱花国际日语培训班

8大优势让您学习更轻松

  • 东京学习和文化体验

    当  您在 樱 花 国 际 日 语学 习 到一定 的语言 基础后,我们 将安排您前往 梦想之地----日本 东京,在樱花 的 日本东京 分校,体验东京生活,学习更纯正 的日语。

  • 量身定制课程

    樱 花 国 际 有12 个不 同的 日语级别,根据学员 日语基础,我们为学员量身 定制课程,每一名学员都可以自己 掌 握 学习进 度,确保稳 定的进度  和持 续的动力。

  • 日语活动地带

    日语活动地带每周都有不同的主题活动,由一位日教或知名日本企业人员主持,在中心内或户外举行,致力于营造轻松休闲的日语环境。您都可以轻松交友,结识新朋友。

  • 日式小班教学

    1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在外教的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和外教的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。

  • 权 威认证

    樱花国际日语的全套教学体系全部由日本引进。这种独特且行之有效的教学体系,得到了日语能力考试(JLPT)的主办方---日本国家交流基金会的认可。

  • 绝佳的地理位置

    樱 花 国  际 日语 在交 通比较便利的 地点 设立中 心。每位学员可以很方 便的到我们任何一 家高质  量的学 习中心 就读。

  • 名师服务群

    建 立 学 习微信群,专业辅导老师随 时在线解答,全方位  的服务

  • 经验丰富的外教

    结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日本语言教授专家。

了解详情
多媒体基础课标题
多媒体技术融汇知识点

本软件运用目前最先进的网络多媒体教学技术。把学习日语单词,语法,课文,对话,听力,日本文化介绍等大量知识通过视频,照片,图片,动画,音乐等全方面多媒体新教学模式为每一个学员提供优质的动画教学,录音复读,单元练习,单元考试等全新教学体验,使学员在愉快的方式中轻松的掌握日语这门语言。

动画故事激发学习兴趣

本软件系统通过原创动画故事来引入一系列的教学内容,故事描写了电子生命体“樱”SAKURA为了融入人类社会,而努力的学习人类语言(日语),在生活中学到了与人们交流所需要的用语知识, SAKURA原为某虚拟偶像研究机关设计的虚拟生命体(数码精灵),研究者为了测试SAKURA的各方面能力,把她投入在人类社会中,并派“柏”以弟弟的身份做监视。
在生活中认识了年轻白领“中村達雄”,彼此之间有了好感,但是SAKURA无法以虚拟偶像的身份来接受这份情感.所以SAKURA变化出不同职业身份人出现在中村達雄的所到之处,在更多的和人们的接触中, SAKURA逐渐融入了日本人类社会。

循序渐进的系统课程

在初级至中级到高级的12各级别的学习中,学员可以从浅至深的学习,用于居家场合的家庭日语会话,内容涉及自我介绍,家庭成员称呼,便利店购物,饮食起居;用于学习场合的校园日语会话,内容涉及到学习情景,考试情景,毕业情景。还包括用于情感交流的交友日语会话,内容涉及到抒情,娱乐,游园,约会,商场购物,观看电影等情景;以及用于工作场合的商务日语会话,内容涉及到办公会议,外出公差,社交宴会等情景。

日本文化课标题
全方位接触日本文化,更好的学习日语

在整个流程中,您随时可以预约日本文化课。体验 花道,茶道,剑道,空手道 等原味日本文化。同时还能参与 日剧鉴赏,动漫赏析 等主题活动,全方位接触日本文化,更好的学习日语。

日剧鉴赏
  • 宁波培训日文机构

    樱花日语-日剧鉴赏

    无可否认,日剧是能够充分体现日本各个阶层和时代背景的一种文化内容。所以樱花国际日语为各位学员准备了丰富的日剧鉴赏课程,让学员能够充分的体味日本的社会形态,社交礼仪。同时樱花国际日语的专业教师会在旁和学员充分的讲解相关内容,帮助学员充分学习日语。

花道
  • 宁波日语口语培训要多少钱

    樱花日语-花道

    日本的花道,世界闻名,是一种很迷人的艺术。在日本,处处可以见到这种艺术杰作。几乎到处都有一盆盆,一瓶瓶色彩艳丽,婀娜多姿的插花。
    “花道”,也叫做“华道”,“插花”,就是把剪下的树枝或花草经过艺术加工,放入容器中,使之更绚丽的一种技术。因为是使用活的,新鲜的树枝或者花草加工,加工后放上清水可保留几天,所以又叫“生花”。
    日本的插花艺术有着悠久的历史,然而花道最早的起源却是中国佛教的供花。奈良时代佛教传到日本,佛前供花的习惯也随之传到日本。平安时代供花逐渐演变成供人们欣赏的插花艺术,直到十五世纪末才出现花道的专门艺术家,花道艺术开始形成。花道艺术之所以能普及和流行,而且受到日本各方面的重视,据说主要原因是因为“日本人对自然的一种心情”。日本人民自古以来就热爱大自然。他们甚至对一朵花,也要研究它的来龙去脉,观察它的形状姿态,喜爱它的千娇百媚。这种深刻重视植物,甚至和植物心心相应的日本人特有精神,是发展花道艺术的最主要原因。

剑道
  • 宁波海曙区日语学习培训中心

    樱花日语-剑道

    源于中国的剑术,在隋、唐时期传入日本,经日本人的研习修改,形成独特的刀法技术,古时用来保家卫国、防御外敌和维护社会秩序,现今才渐渐成为一项武术运动,改用竹刀、穿著护具对打。

茶道
  • 宁波海曙区有没有日语培训

    樱花日语-茶道

    日本茶道是室内传统艺术、这种茶是在与日常生活完全隔绝的特殊场所,在特定的时间内举行的艺术仪式,必须通过极其繁琐的手续,使用特定的手法才能完成。
    除了讲究特殊的手法以外,日本茶道还强调人与人之间的联系。日本茶道的茶不是个人的茶,而是集体的、大家共有的。茶道的核心便是茶的聚会。所有参加茶会的与会者通过茶通的途径,都可以摆脱现实社会的制约,使人与人之间的关系从内心深处变得融洽起来。
    日本的茶道包括一种精神主义,即强调清、静、和、寂。在茶道的历史上,有不少重名的人,为求心之道花费了一生的时间。茶道正是建立在与世隔绝的基础上的。所以它很自然地追求一种独特的精神境地作为自己的奋斗目标,即所谓的求道性。
    与此同时,茶道也具备趣味性,具有游乐的性质。当然不排除一些人是出于娱乐的目的参加茶道仪式的。实际上,茶道的求道性与趣味性并不矛盾,它们同时并存于茶道中。

空手道
  • 宁波日文培训学习

    樱花日语-空手道

    由距今五百年前的古老格斗术和中国传入日本的拳法揉合而成的。手道是世界推崇的全民健身体育。可以锻炼人的外在肌体,可以让人具备内在自我控制的意志及崇高的精神信念,具备果断、勇敢、大度、博爱、自信、机智、冷静等个人优秀品质。
    空手道起源于中国盛唐时期,由日本武道传播者带回日本,将其完善。它原称"唐手",因日文读音与"空手道"谐同,现代空手道继承了实用性、观赏性的特点,屏弃现代中国武术纯观赏为主而忽视实用性的特点。

日语学习入门:常见的顽固发音错误

【な、ら不分】
中国某些地区(比如川蜀地区)的人,由于受到方言的影响,在念な行假名时常出现与ら行混淆的情况,即我们常说的“なら不分”。其实区分的方法很简单,关键点在于下颌。在念な行时,下颌会动;念ら行时,下颌则不会动。练习方法:拿笔顶住下颌,能弹开笔就说明发对了な行的音。

学员感言-樱花国际日语绽放你的人生

  • 宁波培训日语的机构

    樱花宝贝 李雯

    专访樱花宝贝李雯 : 说起在樱花日语最初的那段日子,李雯说那几乎可以用“痴迷”两个字来形容:从早晨一睁开眼,她就乐滋滋地到有着异国情调地樱花报到,和亲切的前台问声好后就一股脑地来到多媒体教学区,自学听读之后再预约小班外教口语课,课后到日语角找同学围拢起来练习,把外教从办公室里“挖”出来做指导,回家路上也不忘拿出樱花自编的低级别单词本——这么说来,每天都几乎有八九个小时“窝”在樱花这个家呢!

  • 宁波哪家日语培训班正规

    十一段階張雁寧

    光阴似箭,不久就要迎来在樱花日语学习一周年了。这一年,多亏樱花日语的外教老师们,全外教小班授课让我的口语表达能力得到了很大的提高。在这里有很多日语爱好者,我们可以在一起用日语交流我们的想法,外教也会加入我们的讨论,在樱花学习,轻松愉悦,是个不错的语言环境。

  • 宁波日语n1考前培训

    7級の学生 李夢嬌

    最初是以想去看一下的心情和妈妈一起来了。和传统学校不一样,樱花国际日语不仅是专门学习日语的地方,还有播放电影的教室,吃饭的场所,也能进行茶道体验。经常有和日本文化相关的活动在这里举行,比如做寿司的活动,还有做蛋糕的活动,圣诞派对等活动也有。到现在为止,一直觉得1年左右的时间过的非常快。

  • 宁波学习班日语

    賴凌華

    皆さん、始めまして、私は賴凌華と申します。広州西関外国語高校の一年生です。中学校の時、日本文化の講座に参加したお陰で、日本語を勉強したくなりました。 私の趣味は、日本のアニメーションとか、ゲームとか...日本と関わるものです。偶然で、桜日本語学校を発見して、日本の勉強の生涯を始めました。

学习日语有什么好处?

一、你的脑子里会多出一种思考问题的思维,就像你学会了一定程度的英语后在遇到某些特定的情况时会进入英语的思考模式一样,所以多学一门语言,等于打开了一扇通往新世界的窗口,使你的思维更加宽阔;
二、日语中有很多词汇能够很准确又精炼地把现代汉语有时要讲很多话才能表达清楚的意思表达出来,举个例子,现代汉语要表达“天气炎热,柏油马路仿佛融化了一般”。日语就俩字:“阳炎”;
三、可以帮女朋友翻译她懂都不懂就直接从日本买回来的各种化妆品说明书;

这个日语课程有点牛

试听一下,你都觉得自己变优秀了

日语自编教材1-12级别

日语自编教材1-12级别

摆脱传统枯燥上课模式由浅入深学纯正日语

咨询了解

高考日语特别辅导1V1

高考日语特别辅导1V1

高考日语助理考入理想大学

咨询了解

旅游日语

旅游日语

旅游日语,应对自如,玩转日本

咨询了解

日本文化活动课

日本文化活动课

日本文化活动课程,体验纯正的日本风情

咨询了解

贵族VIP课程

贵族VIP课程

量身定制,贵族VIP课程,适合您的学习方式

咨询了解

EJU日语1V1实战演练

EJU日语1V1实战演练

EJU日语(留学生统一考试),特别辅导,提高留考成绩

咨询了解
宁波海曙区国内日语培训机构排名

相关问答

  • 南宁樱花国际日语为广大学生准备在日本企业工作,开设了实用的小班商务日语课程,本课程采用优质的小班教学方式,注重日语口语教学,共同对话。据了解,在日本企业之间,各.....

    [详情]
  • 首先感谢您对石家庄春辉教育的关注与支持吗,很高兴为您解答。学费的价格有很多的影响因素,其中课时、学习效果以及个人基础等是比较大的影响因素,因此我们石家庄春辉教育.....

    [详情]
  • 樱花国际日语绽放你的人生无论你是谁,只要你热爱日语,都可以通过这里的日语学习提升你的自信。不论您的理想是大(赴日留学驰骋职场流利口语)还是小(看懂日剧读懂.....

    [详情]
  • 广州日语学习班比较多,建议选择一个交通方便,教学质量也很重要,有体验课的话先试一试。合适自己的才是的。个人推荐樱花,你可以去咨询一下 .....

    [详情]

考试资讯

日本企业管理规程3 経理規程


第1章  総則

規程の目的経理会計処理の原則経理業務の範囲会計年度会計単位及び経理組織 経理統括責任者、経理責任者及び経理主務者実施細則 第1条第2条第3 2.第4条第5条 2.第6条第7条

この規程は、当社の経理に関する基準を定め、当社の財政状態及び経営成績に関し、真実かつ明瞭な報告を提供するとともに、経営活動の計数的把握を通じて、経営活動の能率的運営を推進することを目的とする。 当社におけるすべての経理業務は、この規程に定めるところによる。但し、この規程に別段の定めがない場合には、企業会計原則その他一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従って行なう。 この規程において経理業務とは、次の事項をいう。

(1) 会計伝票、帳簿及び財務諸表の作成、整理並びに保管に関する事項

(2) 現金、預金及び手形の出納、保管並びに有価証券に関する事項

(3) 資金の調達及び運用に関する事項

(4) 債権債務に関する事項

(5) たな卸資産の経理に関する事項

(6) 固定資産の経理に関する事項

(7) 繰延資産の経理に関する事項

(8) 原価計算に関する事項

(9) 決算に関する事項

(10) 税務に関する事項 予算管理並びに内部監査に関する業務は、別に定める予算管理規程並びに内部監査規程によるものとする。 当社の会計年度は、定款の定めに従い、毎年●月1日から翌年●月31日までとする。 本社に総勘定元帳を設定する。 経理組織として本社に管理本部経理部及び財務部を置く。 経理業務の責任者は次に定めるとおりとする。

(1)経理統括責任者   経理部長は全社の経理業務を統括する。

(2)本社経理責任者   本社の経理責任者は、経理部長とする。 この規程の実施に必要な具体的な事務手続きについては、次に定める規程、細則及び要領によるものとする。

(1)組織規程別表「業務分掌職務権限表」

(2)経理規程運用細則

(3)原価計算処理細則

(4)決算会計処理細則(5)勘定科目取扱要領

第2章  帳簿及び勘定組織

整理原則伝票及び帳簿書類の保存勘定科目会計伝票証憑 第8条第9条第10条第11条第12条第13条  会社財産及び資本に影響を及ぼす取引(以下「取引」という。)は、すべて適正な勘定科目に仕訳し、整然かつ明瞭に伝票及び帳簿に記帳、整理しなければならない。 当社の会計伝票及び帳簿は次のとおりとする。

(1)会計伝票

(2)会計帳簿(イ) 総勘定元帳(ロ) 補助元帳

(3)その他の帳簿(イ) 試算表(ロ) 月次決算書類 この規程に基づき作成された帳簿書類は、法令又は別に定める文書管理規程に定めるとおり保存するものとする。 勘定科目の処理については、別に定める勘定科目取扱要領によるものとする。 一切の取引の会計処理には、会計伝票(仕訳伝票)を使用する。 会計伝票は、会計上の取引の発生の都度、その取引の発生を証する証憑書類に基づいて作成し、必ず証憑書類を添付して別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」に基づき処理するものとする。 証憑とは、納品書、検収書、請求書、領収書、その他取引の正当性を立証する書類をいう。

第3章  金銭会計

金銭の範囲金銭の出納責任者金銭の出納領収証の発行金銭の収入、支払小切手の振出手持現金残高管理 第14条第15条第16条第17条第18条   2.   3.第19条第20条   2.第22条   2.   3.  この規程で金銭とは現金及び預金をいい、現金とは、通貨、小切手、郵便為替証書、配当金領収証等をいう。 金銭の出納は、財務課長を責任者とし、出納担当者は、出納責任者が任命し、その統括のもとに出納を行なう。 金銭の出納手続は、別に定める経理規程運用細則によるものとする。 領収証の発行及び控えの保存は、次のとおりとする。

(1) 領収証は、金銭を収納したとき発行しなければならない。但し、銀行振込による収納は、領収証の発行を省略することができる。

(2) 領収証は原則として、当社所定の様式とする。

(3) 領収証は、作成者が所定の欄に捺印して、出納責任者の承認を得て発行し、担当者以外の者がこれを発行してはならない。

(4) 記載内容を訂正した領収証を発行してはならない。

(5) 領収証の控えは、一連番号順に綴る。(書損じた領収証は、1セット前葉を綴る。) 出納担当者が金銭の収入をする場合は、金銭とともに必ず担当部署の責任者認印を受けた入金伝票の回付を受け、その記載金額と金銭とを照査し、入金伝票に出納責任者の承認印を受けた後、収入しなければならない。 出納担当者が金銭の支払を行なう場合は、会計伝票により出納責任者の承認印を受けた後、支払わなければならない。 金銭を支払う際は、原則として相手方の領収証を受け取らなければならない。 小切手帳は、出納責任者が保管し、振出す場合は社長名義を持って行い、小切手の捺印は経理課長が行なう。 出納責任者は、日々の現金の支払に充てるために手持現金を置くことができる。 手持現金は、当日の所要額を勘案して必要の限度内に止めるものとする。 出納担当者は、日々の現金出納業務終了後、その在高と帳簿残高との照合を行い、出納責任者へ報告するものとする。 預金については、毎月末、預金出納帳と預金通帳又は当座勘定照合表とを照合し、預金残高調整表を作成して出納責任者の承認を得るものとする。また、●月末、●月末については、銀行より残高証明書を取寄せなければならない。 小口現金の残高照合については、別に定める経理規程運用細則によるものとする。

第4章  資金会計

資金の収入及び調達資金の支出及び返済資金状況の把握と報告金融機関との取引金融機関との   債務の照合増資社債の発行投資及び融資行為有価証券の取得及び処分 有価証券の残高管理有価証券の取得価額有価証券の評価基準及び評価方法借入による担保及び保証債務の提供 第23条第24条第25条第26条   2.   3.第27条第28条第29条第30条第31条第32条第33条第34条第35条  資金の収入は、経常収入と経常外収入とに区分する。 経常収入とは、販売代金等の営業収入及び受取利息等の営業外収入をいい、経常外収入とは、増資、借入金、社債発行等の経常収入以外のすべての収入をいう。 資金の支出は、経常支出と経常外支出とに区分する。 経常支出とは、仕入代金の支払等の営業支出及び支払利息等の営業外支出をいい、経常外支出とは、預金、投資、貸付金、借入金の返済、社債償還等の経常支出以外のすべての支出をいう。 財務課の資金担当者は、常に収入支出の状況、資金の調達返済及び運用状況を正しく把握し、毎月及び必要に応じ、経理部長にその報告をしなければならない。 金融機関の選定及び変更は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」によるものとする。 金融機関との取引に関する約定については、社長名義を以て行う。 資金の借入に際しての決済は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」によるものとし、社長名義を以て借入を行うものとする。 金融機関に対する債務及びそれに伴う差入担保物権は、次に定めるとおり経理部が残高の照合を行い、相手方の確認を得るものとする。

(1) 借入金●月末及び●月末(2) 差入担保●月末及び●月末 増資についての時期、使途、金額の決済は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」によるものとする。 社債発行の時期、使途及び金額の決済は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」によるものとする。 投資及び融資行為の決済は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」によるものとする。 有価証券の取得及び処分は、別に定める余資運用要領によるものとする。 有価証券については、出納責任者が●月末、●月末、その他必要と認められた時に、現物と帳簿残高とを照合しなければならない。 有価証券の取得価額は、原則として購入対価に手数料等の付随費用を加算した価額とする。 有価証券に付する価額は次の評価基準及び評価方法によるものとする。(1)取引所の相場のある有価証券   移動平均法に基づく低価法

(2)その他の有価証券   移動平均法に基づく原価法 借入により金融機関に差入れる担保の提供及び保証行為の決済は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」によるものとする。

第5章  業務会計

売上の計上基準売上の計上手続請求書の発行売掛債権の回収仕入債務の計上債務の決済その他の債権債務の計上 債権債務の管理債権の貸倒償却 第36条第37条第38条第39条第40条第41条第42条第43条第44条  サービスの提供及び商品の販売による売上高は、出荷基準により、計上するものとする。 売上の計上手続は、別に定める勘定科目取扱要領によるものとする。 サービスの提供及び商品の販売により売上が発生した場合、取引先との取引条件に従い、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」に基づいて請求書を発行し、債務者に送付しなければならない。 売掛債権の回収は、契約書又は相手先との返済条件の定めるところに従い、遅滞なく行われなければならない。万一回収が遅延した場合、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」及び売掛債権管理規程に基づいて所定部門に報告するとともに、適切な保全措置を行わなければならない。 商品等の購入により仕入が発生した場合、仕入先との取引条件及び仕入を証する証憑書類に基づいて仕入債務を計上しなければならない。 買掛金、未払金等の債務の支払については、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」に基づき、支払手続を行う。 その他の債権債務が発生した場合、その発生を証する証憑書類と、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」に基づき、その債権債務を計上しなければならない。 債権及び債務については、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」に基づいて、相手先別にその発生から消滅に至るまでの経過及び正確な残高を把握するとともに、必要に応じて相手先から残高確認書を取寄せ、当社と相手先との残高に差異があれば、調査のうえ、差異説明を付し、財務部長に報告しなければならない。 債権の回収不能のものについて、貸倒償却するときは、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」により決算期末(中間決算を含む)に処理するものとする。

第6章  たな卸資産会計

たな卸資産の範囲と管理担当部署 受入受入価額仕掛品の価額及び管理たな卸資産の評価基準及び評価方法実地たな卸 第45条   2.第46条第47条第48条   2.第49条第50条   2.  この規程においてたな卸資産とは、商品、仕掛品、材料及び貯蔵品をいう。 たな卸資産の管理担当部署は次のように定める。

(1)商 品営業管理課

(2)仕掛品生産担当部署

(3)材 料生産担当部署

(4)貯蔵品総務部、管理部総務課及び生産担当部署 購入に関る商品、材料及び貯蔵品は、検収の後、納品書によって受入を行う。 購入に関る商品、材料及び貯蔵品の受入価額は、購入対価に正当な付随費用を加算した価額とする。 仕掛品の受入は、作業指示書により作業が開始されたときとし、その価額は、原価計算により計算されたサービス単位原価に基づくものとする。 仕掛品については、個別にその原価の内容を記載した帳簿を設けて管理するものとする。 たな卸資産に付する価額は次の評価基準及び評価方法によるものとする。

(1)商 品総平均法に基づく原価法

(2)仕掛品個別法に基づく原価法

(3)材 料総平均法に基づく原価法(4)貯蔵品最終仕入原価法 たな卸資産の管理担当部署は、毎決算期末(中間決算を含む)に実地たな卸を行い、各会計単位の経理責任者に報告をしなければならない。 たな卸の結果、不突合が生じた場合は、経理責任者はその理由を明確にし、経理統括責任者の承認を得なければならない。

第7章  固定資産会計

固定資産の分類固定資産の取得処分及び賃貸借固定資産の取得価額資本的支出と費用の区分 建設仮勘定固定資産の減価償却 固定資産の管理及び管理責任者 固定資産の台帳と現物との照合 土地建物有価証券等の担保差入 第51条第52条第53条第54条第55条第56条第57条第58条第59条  固定資産は次のとおり分類する。(1)有形固定資産   建物、建物付属設備、構築物、機械装置、車両運搬具、工具器具備品、土地及び建設仮勘定(2)無形固定資産   特許権、商標権等の工業所有権、電話加入権、施設利用権等(3)投資等   投資有価証券、関係会社株式、出資金、長期貸付金、保険積立金、差入保証金、長期前払費用等 但し、有形固定資産、無形固定資産(電話加入権を除く)及び長期前払い費用のうち、耐用年数が1年未満又は取得価額が ●●万円未満の減価償却資産又は長期前払い費用は、支出時の費用として処理する。 固定資産の取得処分及び賃貸借については、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」及び固定資産管理規程により行うものとする。 固定資産の取得価額は、次のとおりとする。

(1) 購入によるものは、購入対価に付随費用を加算した価額.

(2) 工事又は生産によるものは、製作価額に付随費用を加算した価額.

(3) 交換によるものは、交換に際し提供した資産の帳簿価額とする。 固定資産の価値を増加し、あるいは耐用年数を延長する効果のある費用(資本的支出となるもの)は、当該固定資産の取得価額に加算する。一方、資本的支出以外の修繕費等、当該固定資産の価値を維持するにとどまるものはすべて支出時の費用として処理する。 固定資産のうち、工事が長期間のため未完成のもの、あるいは価格が未確定なものは、建設仮勘定に計上し、工事完成又は価格決定後、ただちに各固定資産勘定に振替整理する。 固定資産の減価償却は、法人税法に規程する耐用年数に従い、次の方法で行うものとする。

(1)有形固定資産のうち減価償却資産定率法   但し建物は定額法

(2)無形固定資産のうち減価償却資産定額法

(3)長期前払い費用定額法 固定資産の管理及び管理責任者は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」及び固定資産管理規程によるものとする。 固定資産の台帳と現物との照合は、別に定める固定資産管理規程によるものとする。 土地建物有価証券等を外部に担保として差入れる場合は、別に定める組織規程別表「業務分掌職務権限表」により行うものとする。

第8章  繰延資産会計

繰延資産の処理方法

第60条  新株発行費、社債発行費、社債発行差金、試験研究費、開発費等の繰延資産は、支出時に全額費用として処理するものとする。

第9章  原価計算

原価計算の目的原価及び原価計算原価計算期間原価計算の方法財務会計との関連 第61条第62条第63条第64条第65条  原価計算は、経営における一定の給付に関らせて把握された財貨又は用役の消費を貨幣価値的に表わし、価格の決定を行う資料とするとともに、経営成績算定の基礎資料とする。また、原価管理、予算の編成及び統制並びに経営の基本計画設定に必要な原価資料を提供することを目的とする。 この規程において原価とは、サービスの提供および商品の販売のために、正常な状態において消費された貨幣価値をいい、原価計算とは、原価をサービスの提供及び商品の販売との関連において、費目別、部門別に計算し、サービス単位別に集計する手続をいう。 原価計算の期間は、毎月1日から末日までの1ヶ月間とする。 原価計算の方法は、別に定める原価計算処理細則によるものとする。 原価計算は、財務会計と有機的関連を保たなければならない。

第10章  決算会計

決算の目的決算区分と処理方法月次決算中間決算及び期末決算決算書類監査役並びに会計監査人の監査 連結決算 第66条第67条第68条第69条第70条第71条第72条  決算は、各事業年度における会計記録を整理し、当該期間の経営成績を計算するとともに、期末における財政状態を明らかにすることを目的とする。 決算は、月次決算、中間決算、期末決算に区分し、その処理方法については、別に定める決算会計処理細則によるものとする。 毎月末日を以て月次決算を行い、第70条に定める計算書類を作成する。 毎年●月末日を以て中間決算を、毎年●月末日を以て期末決算を行い、第70条に定める計算書類を作成する。又、その日程、手続きについては、その都度決算実施上の注意事項として管理本部長通達にて関係部門へ通知する。 決算において作成する書類は、次に掲げるものとする。

(1)月次決算書類(イ) 貸借対照表(ロ) 損益計算書(ハ) サービス原価報告書(ニ) その他必要な書類

(2)中間決算書類(イ) 営業報告書(ロ) 貸借対照表(ハ) 損益計算書(ニ) サービス原価報告書(ホ) 半期報告書(ヘ) その他必要な書類(3)期末決算書類(イ) 営業報告書(ロ) 貸借対照表(ハ) 損益計算書(ニ) サービス原価報告書(ホ) 利益処分案又は損失処理案(ヘ) 附属明細書(ト) 有価証券報告書(企業集団等の状況を含む)(チ) その他必要な書類 経理統括責任者は、取締役会の承認を受けた後、第70条第3号に定める期末決算書類のうち(イ)から(ヘ)までを所定の期日までに監査役並びに会計監査人に提出し、監査を受けなければならない。 経理統括責任者は、企業集団の業績等を明確にするため、毎年7月31日を以て連結決算を行い、連結財務諸表、その他必要な書類を作成しなければならない。なお、連結の範囲については、決算会計処理細則によるものとする。

第11条  税務会計

目的基本原則税務に関する開示、指導 税務申告 第73条第74条第75条第76条  この規程の税務とは、当社の納税に関する一切の会計処理及びその関連措置を対象とする。 税務の処理に当っては、次の原則に従うものとする。

(1) 税務関係法令を適正に解釈、適用し、適正額による申告及び納税を行うこと。

(2) 税務に関係のある会計処理並びにその関連措置については、常に遺漏の内容にし、適法の範囲で納税条件を良好にしなければならない。

(3) 消費税は税抜方式によって処理する。仮受消費税及び仮払い消費税は、相殺のうえ貸借対照表に「未払消費税」として表示する 経理統括責任者は、税務に関し一切の指示及び指導を行わなければならない。 経理統括責任者は、確定した決算に基づき、法人税等について必要な申告書を作成し、所定の期日までに申告納付しなければならない。


倒计时
11: 59: 19
课程热线:177-6730-2242 | 客服时间:9:00-22:00(其他时间请在线预约报名或留言)
机构介绍
引自日本的先进教育机构 “樱花国际日语”是由新世界教育集团从日本引进的独立教育机构。中心以先进的日语系统教育为基础,依托新世界教育集团多年来成功的日语本土化辅导经验。用全外教的豪华阵容,随时随地学习的方便条件,新颖科学的多媒体授课和对日本文化的深入接触。全方位的让你学习日语,学好日语。 樱花国际日语是目前国内一家提供高端日语培训课程的机构,基本垄断了国内高端日语培训领域。樱...【详情】
相关课程
其他城市
相关机构

申请试听名额

已有10254人申请免费试听

01电话咨询 | 177-6730-2242

QQ:1602483374
加盟合作:0755-83654572